FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その扉を開けるのは。

Category : ホミン
ひとり暮らしをしていて最も困るのは風邪をひいた時だ。
身体面でいえば薬を飲んだり病院に行けば済む話しだが、そうではなく
メンタル面、要するに気持ちが弱くなる。

弱っている時の自分の思考ほど暗いものはない。
いや、暗いというか真面目に考えまくるというか…とにかく考えて
考えて考えぬいて…
結果、考えなくてもいい事まで浮かんでくる。
考えてもみなかった事まで思ってしまう。
だから風邪は嫌いだ。
子供ではないから別に手を握って欲しい訳ではない。
”大丈夫?”と母親のように優しく声をかけて欲しい訳でもない。
(でもちょっと懐かしいかな)
ただなんというか…とにかく浮かんでは消え浮かんでは消えする思考が
どれもわりに暗いものだから、こんな時誰かがそばにいてくれたら、
”なに馬鹿な事言ってんですか”とか、”考えてないでさっさと寝る!”とか、
呆れながら見事に一蹴してくれて、それから布団にぎゅうぎゅうに
押し込んでくれて、自分のこの馬鹿で真面目で果てしなく暗い考えを、
いとも簡単に消し去ってくれるんじゃないかとユンホは思うのだ。
消し去って欲しい。
とにかく病院には早くに行ったからじきに治るだろう。
食事もまぁレトルトの類いがあるから不自由はしない。
仕事は今はわりにスローペースだから、大きな穴を開ける心配もない。
何もない。
ユンホは天井を眺めながらしばらくぼ〜っと過ごした。
時間をすっかり忘れていたが、西に傾いた日射しがカーテンの隙き間から
差し込むのを見て、もう夕暮れかとため息をつく。
ずっと朝から寝込んでいるせいで腹は減っていなかったが、薬を飲む
ためには何か食べないといけないだろう。
”よっ…と”
ユンホは重い身体を起してひとまずベッドから降りる事にした。
腕を回して軽く肩をならす。
夕陽に目を細めてあくびをする。
それから冷たい床の上をペタペタと足音をたててキッチンへと向った。
ところがしゃがんで冷蔵庫の中を眺めたものの、困った事に何ひとつ
浮かんでこない。
もちろん手っ取り早く作れるメニューも持ち合わせていない。
どうしたものかと思っていたら携帯が鳴り響いた。
これが親友ならラッキーだ。
何か頼んで買ってきてもらえば良い。
ついでに夕食を共にするのも良いだろう。
こんな時だ、事情を話せば心配して見に来てくれるに違いない。
親友なら当然だ。
ところが親友には違いなかったが、”近くにいるから飲みに来ないか”
との誘いの電話で、ユンホの風邪を知ってしきりに”残念残念”を繰り返し、
”じゃあまた今度”とあっさり切られた。

…ま、風邪ひーてんだし当然か

とはいえ、”少しは心配しろよな!”と心の中で毒づく。
仕方なく再び冷蔵庫に手をかける。
また携帯がなった。
今度はもっと優しい親友だろうか。(←)
出ると妹だった。
とたんに頬が弛む。
愛しい愛しいユンホの妹。幸運の女神。
妹なら兄の事情を察してきっと来てくれるに違いない。
妹なら当然だ。
ところが先に出ばなをくじかれた。
どーも彼氏とデート中らしい。(w)
彼との夕食に、ユンホがこの間勧めた店の場所と名前を知りたい
らしかった。

あーー…待ってろ

ベッドルームに行って近くにあったメモを読み上げる。
携帯の向こうで”彼”と話す小さな声が聞こえる。
うまくいっているようだ。
少し前から付き合っているのは知らされていて、可愛い妹が自分から
離れていくのはいささか寂しい気もしたが、大切な妹の幸せを思えば
やはり嬉しさの方が勝る。
風邪でガラガラのユンホの声に心配する声も聞こえたが、”ちゃんと
楽しめ”と念押しして電話を切った。
じゅうぶんだ。
さすがにデート中の妹を呼びつける訳にもいかない。
そんな兄でいるはずもない。
それでも少しの期待が二度に渡ってくじかれたせいで、ユンホは
どっと疲れてベッドに戻った。
まぁ一度くらい薬を飲まなくても大丈夫だろう。
体力はあるからスポーツ飲料を飲んで大人しく寝ていれば良い。
風邪の治りに良いのは栄養とじゅうぶんな睡眠だ。(だから栄養…)
ユンホは頭からシーツをかぶり、じっと眠りが深くなるのを待った。
時計の針の音が響く。

カチカチカチカチ…

やがてまた携帯がなった。
今度こそ(←)
…マネだった。

どーだ?
元気そうに見える?
はは、ひでー声、けど病院行ったんだろ?
行ったよ
じゃあ大人しく寝とけ、明日になったら見に行ってやるから
今日じゃねーんだ
馬鹿言うな、これでも人気者なんだよ俺は
言ってろ
とにかく明日行くから寝てろ
へいへい、人気者さんまた明日
じゃあな

三度目の正直はなかった。
カレンダーを見たら週末だ。
成る程みな忙しいのは当然かと、ユンホはそこでようやく気がついた。
”そりゃぁ〜仕方ない”
自虐まじりに呟いてシーツの奥深く潜る。
さっきも言ったが子供ではないから“寂しい”という訳ではない。
頭を撫でて欲しいとか優しい声をかけて欲しい訳でもない。
ただ…願った時にそばにいて欲しいだけだ。
風邪も健康も関係ないのだと思う。
けれど自分が願った時、そばにいてくれる人間というのは誰しも案外
少ないんじゃないかと、ユンホは三十近くにもなって実感した。
”俺って寂しかったのね”
笑ってようやく襲ってきた眠気に身を委ねる。
けれど最後の悪あがきに今度は自ら携帯に手を伸ばす。

ピっ

もしもし
あーーー…もしかして外?
そっか
や、いい、大丈夫
うん、そ、実は風邪ひいたっぽい
はは
大丈夫大丈夫、薬飲んでるから大丈夫だって(←嘘つきなさい)
マネが明日来るって言ってたから大丈夫
そうそう
あぁ

分かったよ、分かった
みなによろしく
じゃあ


やれやれ。
素直に来てくれるとは限らなかったが、これはタイミングの問題だから
仕方ない。それでも残念さは否めなかった。
それぞれに予定があってみなそれぞれに忙しい週末。
親友は親友と飲み会。
妹は彼氏とデート。
マネは何故か人気者。(w)
自分は風邪をひいた甘えん坊。
少し甘えてみたくて電話をかけた、ただの身体の大きな甘えん坊だ。

へっくしょい

鼻水をすすって寝返りを打つ。
真っ直ぐに伸びた暗い廊下の先に見える玄関の扉を眺める。
ユンホはふいに考えた。
馬鹿げた考えだと思ったが考えた。
もし今、誰かがあの扉を開いて入ってきたら、それが自分の”永遠”に
しよう。
どういう状況でも構わない。
この際誰でも構わない。
今のこの危機的状況で(w)、自分がそばにいて欲しいと願った時、
それこそタイミング良く現れるなら運命だ。
そうに決まっている。
自分がこの先も”そばにいて欲しい時”、きっと間違いなく一生そばに
いてくれる人だろう。

ユンホは頭の中でカウントしながら扉を眺める。
二十一、二十二、二十三、二十四…
六十五、六十六、六十七、六十八…
ひゃぁ〜く
百二十八、百二十九…
二百三十三…

すーーーーーーー…



バタン

パタパタパタパタ

ガチャ




しーーー起きなくて良いですって
ん…
呆れた、どこに薬があるんだか
ほんとに飲んだんですか?
…………
明日起きたらちゃんと食べて飲まないと
…ん
ほら、ちゃんとシーツの中に腕入れて
…………
足も、そんなだから風邪ひくんですよ
…………
やれやれ、ほんとに世話のやけるヒョンだ
…………



誰が扉を開けて入ってきたのかをユンホは見逃した。
運命を、永遠の相手を見損ねた。
瞼が重くて開けられなかったからだ。
けれど抱きしめようと腕を伸ばした時、握り返すぬくもりがあったから、
ユンホはさっきの思いつきを眠りの淵で一部訂正した。(←)
姿は確認できなくても良い。
性別も関係ない。
そばにいて欲しいと願った時、伝わるぬくもりのこの持ち主こそが、
自分の”運命”だと。
ユンホは安心して瞼を閉じた。



もう!いびきうるさい
ふがっ





もちろん早朝にはミンはいつものごとく帰って、
ユノヒョンは残念ながらその姿を見れなかったって話し。
でもきっと”運命の相手”ですね♡
そう願ってるしそう思ってます♡



20170203233357330.jpg
寝起きでも男前な人。
起き抜けの姿なんか想像したら鼻血ぶーです…




ちょっと姿見ないですが元気かな?
元気でいて欲しいし、明日は週末、どっかで会ってる?
なんて妄想しながらおやすみなさい♡←







スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

た**様

おはようございます鳩子です。
だって男前すぎて鼻血ぶーだもん♡←うひ
こちらこそ読んで下さってありがとうございます。
いつかはね、いつかはそんな時がくるかもしれないって思う時は
あります…(T T)でもやっぱり運命だなぁ〜って。
大切だって気持ちをユノはいつも言葉にしてきちんと伝えてくれるし、
ミンもねwもうあのデュフり様を見ていたらこっちが照れるっつーの!
「あ〜幸せそう」って心から思います(^^)
や、実際デカイのになんでヒョンが隣りだと可愛くなるんだ!って話し←
ってな訳で(w)今日も妄想♡明日も妄想♡
なかなかノロマで更新できませんが、えっちら精進して参ります!



k**ねぇ様

おはようございます鳩子です。
きゃう〜〜〜〜ん♡♡♡ご無沙汰!ご無沙汰!
ねぇ様、新年あけましておめでとうございます!!!!
いよいよ2017年だよぉぉぉぉぉ(T T)
帰ってくるね(T^T)
またいろいろ始まったら何処かで会いたいよぉ〜私すごく
髪伸びたの!(なんの報告w)

やっぱ消えてたんだwwwふと見たらねぇさんいない!って…
ありがと〜〜〜〜有難く登録させていただきます♡
読んでくれてありがとうございますです♡

た*様

おはようございます鳩子です。
してますね♡昨日は見事に目情もなかったし(w)
おそらくおうちで待ってて2人だけのSTORYを過ごしたと
思いますよぉ〜〜〜♡
あーーーー幸せっ!!!!!!!!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール
鳩子
写真1
証拠その1
これで…
これで…
証拠その2
や、だってもうコレ…
や、もうコレ…
証拠その3
だ〜か〜らっ!
だ〜か〜らっ!
証拠その4
ってな訳で
ってな訳で
ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking

最新記事
つらつらと
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
チョン・ユンホ(旦那)
通称:ユノヒョン
ユノヒョン
シム・チャンミン(嫁)
通称:ミン
ミン
ケチミー
通称:けちみー
ケチミー
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。