FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beautiful World 12

Category : Beautiful World
真っ白な天井が見える。
僕はぼ〜っとしたまま手を伸ばし、前にここで目覚めたときと同じように
鋲の数を数えてみる。
二十四、二十五…二十六…
…………


夢を見ていた。
けれど少しも覚えていない。
家族が出てきたのか友人が出てきたのか…学校、教室、駅前にある
小さなカフェ。
ついさっきまで見ていたハズなのにうまく思い出せない。
ただとても温かだったのを覚えている。
苺の甘酸っぱい匂いも覚えている。
相変わらず聞こえてくる虫の羽音と鳥の声、風に揺れる葉ズレの音と
花の香り。小さなてんとう虫がふいに指先に止まって、そのあと空に
飛んでいったのも覚えている。
どこまでも空は澄んでいて、楽園のように美しい場所だった気がする。
誰かがいた。
BoAさんと科学者だ。テプンもいたかもしれない。
僕は裸足のままで土の上を歩き、掌に風を感じながら歩いている。
さっきBoAさんが教えてくれた場所に向い、眠っている彼を起しにいく。

”……”
”おはよう”
”……”
”ずいぶん伸びた”
"…………"
"うん、ほんとうにわんぱくで困るよ(^^)
 おかげで身体中が筋肉痛だ"

彼は笑って嬉しそうに話す。
その顔を僕は知っている。
大きなあくびをしながら見つめた先で、小さな声がいくつかする。
楽しそうに駆け回っているのが分かる。

"やれやれ、あいつら俺の言う事ぜんぜん聞かないんだ"
”……”
”そうだよ”
”……”
”あははは、そうだって”
”……”
”そっくりじゃないか”

腕が伸びてきて抱き寄せられた。
寝転んだまま微笑んで、逆さまに見えている僕の頬に触れてくる。
ゆっくりと身体を起こして唇が重なる。

"もう一回"

何度も重ねて囁かれた。
もう数千回と聞いているのに、まだ数は増えていく。
少し伸びた髪を手にとって遊びながら、何度も何度もキスを繰り返す。
やがてぱたぱたと小さな足音が近付いてきて、ものすごい勢いで
背中に抱きついてきた。

”父さんっ!”
”父さんズルい!僕も”
”母さん僕にもして”
”あのなぁ〜、たまには俺に独占させろって”
”ズルいズルい”
”やれやれ”

小さな腕は僕の背中にも絡まってきて、はしゃいで飛びついてきたり
周りを走り回ったりする。
BoAさんが言ってたように、ほんとうにわんぱくで大変そうだ。
よく見ると背中に小さな羽根が生えていた。(生えるって言うのかな?)
真っ白でまだ小さくて、羽根というよりは羽毛のようにふわふわと
揺れている。
ちゃんとみんなある。
3人の背中で羽根は揺れていて、飛び回るたびにいくつか抜け落ちる。
天使は卵から生まれるとか発情期があるとか、性別がないとか寿命が
ないとか、意外に子沢山だとか(←)
ほんとうに知らない事だらけだったけど、どうやら天使の羽根は
子供の頃からあるらしい。
またひとつ勉強になった。
でもどうやってしまうんだろ…
僕は呑気にそんな事を考えた。
子供たちははしゃぎながらまた走っていく。
その姿を眺めながら、彼は”やれやれ”とため息を漏らす。

”な?わんぱくすぎるよまったく、けどみんな元気だ”
”…………”
”それよりもうひとり頑張ってみようか”
”!!!!”
”まぁイキナリ3人だったのは予想外だけど、
 でも賑やかで楽しいし、似てるならいくらでも”
”…………”
”チャンミン”
”…………”
”うん、邪魔されたくない”


ガバっ!

ベッドから飛び起きた。
そこにいたのは僕とユノだった。

僕はユノの子供を早く見たくて、起すのは悪いかと思ったけどいびきを
かいている身体を揺らしにいった。
目覚めたユノはぼ〜っと寝転んだまま僕に笑い、子供がわんぱくで
困るとか筋肉痛だとか、そんな事を幸せそうな顔で笑って話した。
やがて小さな子供たちが走ってきてユノの背中に飛びつく。
みんなちゃんと羽根がある。
ひらひら小さくて可愛い。
子供たちはユノを”父さん”と呼んでいた。
やっぱりそうだ。
いつそうなったのかは知らないけど、ユノはちゃんと運命の相手である
雌と巡り会い恋に落ち、そうして驚いた事に愛しい彼女は彼の子供を
3人も生んだのだ。
なんだかすごい。
ほんとうにすごい。
絶滅の危機に瀕していたから出来れば早くとは思っていたけど、まさか
一気に3人なんて驚いたけど嬉しかった。
子供たちはほんとうにわんぱくそうで少しも止まらない。
BoAさんが筋肉痛だって言っていた意味がよく分かる。
へとへとなユノは前の”ガーデン”からは想像も出来ないけど、のんびり
寝転んだり子供たちの相手をしたり、そういう姿はやっぱりユノには
いちばん似合っている気がする。
子供たちはまたすぐに駆けていく。
その後ろ姿を見送りながら”やれやれ”と困った顔で笑い、僕の頬に手を
伸ばしてくる。
そっくりだと言う。
(誰に?)
わんぱくで筋肉痛が絶えないと言う。
(だろうね)
でも賑やかで楽しくて、とても幸せだと言う。
そうだと思う。
やっと恋い焦がれた雌を見つけたのだ、”兵器”からも解放され好きなだけ
寝転び、日がな一日のんびりと。
今でも時々BoAさんと朝食をとっているのだろうか。テプンはどうして
いるんだろう。
ユノは伸びた僕(?)の髪を指で遊ばせながらゆっくりと囁く。
”しよう”
”え?”
”しようチャンミン”
”え?え?”
”邪魔されないうちにしよう”

相手は僕だった。
なんて夢を見ていたんだっ!
もちろん夢のハズだ、けどとてもリアルだった。
風も空気も匂いも空も、まるでついさっきの事のように鮮明で、ユノの
声だって台詞だって覚えている。
思い出した内容に僕はベッドの上で呆然とした。
でも夢だ。
僕の髪は夢の中と同じようには長くない。
夢に決まっている。
けど…けど…
なんて夢だ…(がく)
ユノは僕と”しよう”と言った。
”する”ってのはつまり…その…
要するに子作り?
!!!!
これじゃまるで僕が欲求不満みたいじゃないかっ!
天使じゃあるまいし、まるで発情期がきてるみたいじゃないかっ!
僕はそばにあった枕を放り投げ、その勢いで小さな羽毛が飛び出した。
それは夢に出てきた子供たちの羽根のように綺麗だった。




久しぶりに書いたシリーズ。
初期設定がどうだったかと読み直しましたが
なんじゃこりゃ(^^)
読んでるみなさんももっとなんじゃこりゃだと思います。
完全にパラレルだわぁ〜。



モーメント_convert_20150518200702
ユノヒョンに向ける表情とか、もう完全に
あっかーーーーーーーんです…
なんでこの子ユノヒョンの前だとこんな…可愛いくて
可愛くて襲われろ!(←ユノヒョンに♡)
ってか、ほんとこんな表情見せてんだいつも…




同時にいろいろお互いに同時。
別々だけど、ちらちらあがってくる2人の姿が嬉しいです♡






スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Comment

No title

まってましたーやっぱりミンが産んだんだ。

babi0507様

おはようございます鳩子です。
YEーーーーーーーーーSっ!!!!!
もちろんユノヒョンの子供はミンが生むって未来永劫
決まってますよぉ♡
もう何人でも良いから生んで欲しいわ♡♡♡(←)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

バ*****様

おはようございます鳩子です♡
読んでくださってあざまーーーす!しかし止まっておりますな…
すみませぬ(T T)←
はい!札幌ドームに行くにあたりkaz様のお誘いを受けました♡
ラジオネームいつも聞いてる名前だーーwww
隅っこのほうでチビチビやっておりますので、こちらこそ
どうぞ宜しくお願いします(^^)
愛の街で「愛」を叫びましょうね!!!

非公開コメント

プロフィール
鳩子
写真1
証拠その1
これで…
これで…
証拠その2
や、だってもうコレ…
や、もうコレ…
証拠その3
だ〜か〜らっ!
だ〜か〜らっ!
証拠その4
ってな訳で
ってな訳で
ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking

最新記事
つらつらと
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
チョン・ユンホ(旦那)
通称:ユノヒョン
ユノヒョン
シム・チャンミン(嫁)
通称:ミン
ミン
ケチミー
通称:けちみー
ケチミー
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。